決定木 (decision tree)

木構造のクラス分類のためのモデル識別すべき対象はルートノードから比較を開始する. 各ノードには条件があり,対象との比較によって,たどるべき子ノードが決まる. 葉ノードにたどり着くと,その対象が分類されるべきクラスが分かる.

学習が高速で,規則を人間が見やすいという利点があるが,予測精度はそれほど良くないといわれる.

-- しましま

関連項目

リンク集

Freeware

関連文献


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-11 (木) 16:12:58 (1749d)