部分空間クラスタリング (sub-space clustering)

クラスタが違った部分空間に存在する場合に,部分空間とクラスタを同時に見つけるクラスタリング手法.

文献1のサーベイによれば,次の2種類に大きく分けれれる.

  • ボトムアップ型:相関ルールAprioriアルゴリズムのような方法で,空間を格子に分割し,特定の次元を選択して,その次元で高頻度な部分をクラスタにする.
    CLIQUE, ENCLUS, MAFIA, CBF, CLTRee, DOC
  • トップダウン型:高次元の軸を重み付けして,低次元へ縮退させる.
    PROCLUS, ORCLUS, FINDIT, δ-Clusters, COSA

-- しましま

関連項目

リンク集

関連文献


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-11 (木) 16:13:14 (2492d)