Why So Many Clustering Algorithms --- A Position Paper

@Article{kdde:02:02,
 author =       "V. Estivill-Castro",
 title =        "Why So Many Clustering Algorithms --- A Position Paper",
 journal =      "{SIGKDD} Explorations",
 year =         2002,
 volume =       4,
 number =       1,
 pages =        "65-75"
}

キーワード

メモ

クラスタリングは,well-definedな問題ではない という,業界の公然の秘密に挑むポジションペーパー (そのチャレンジ精神に拍手 [bigsmile]). 2乗誤差を使う k-means法 は,絶対誤差の k-medoids法 には頑健性の点から決定的な違いがるといった例を挙げ,クラスタリングでは最適化する目的関数は中心にして論ずべきだ,といった示唆などがある. まとめにくいトピックでなので,結論も明快という訳にはいかないが,興味深い点がいろいろあると思う.

-- しましま

リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-11 (木) 16:11:15 (2488d)