* 順序尺度 (ordinal scale) [#bfe3ad6b]

//ここには %項目の説明を書いてください.よろしければ署名しておいてください.

Stevensの尺度の一つで,値の大小関係に意味がある.
名義尺度より一つ制限が強い尺度.
-例えば,モースの硬度や段位など
-任意の単調増加変換について数値の表す意味は不変
-距離は順序の距離 (Kendall距離,Spearman距離,Cayley距離,Ulam距離) などで測る
-中央値,パーセンタイル,順位相関係数などの統計量が意味をもつ

> -- しましま

**関連項目 [#kf12b045]

//英語や同義語のあとに,#brで区切って関連する項目をリストしてください.
-[[ordinal scale]]
#br
-[[尺度水準]]
-[[名義尺度]]
-[[間隔尺度]]
-[[比率尺度]]
-[[順序の距離]]
-[[順序の確率分布]]
#br
-[[検索:順序尺度]]

**リンク集 [#l28cd2ea]

//関連するWWW資源があればリンクしてください.
-[[Group Theoretical Methods in Machine Learning (ICML2007 Tutorial)>http://www1.cs.columbia.edu/~risi/ICMLtutorial/ICML%20tutorial/Group%20theoretical%20methods%20in%20machine%20learning.html]] @ Risi Kondor: 群論(対照群)を使って順序を扱う
#br
-[[Wikipedia:Ordinal_scale]]

**関連文献 [#y5b1c24f]

//この%項目%に関連する書籍や論文を紹介してください.
-[[Book/Analyzing and Modeling Rank Data]]:まるまま一冊,順序の分析についてという濃ゆい本
-M.Kendall and J.D.Gibbons, "Rank Correlation Methods", Oxford University Press, fifth edition (1990):古典~
[[GoogleScholarAll:Rank Correlation Methods]]~
&amazon(0195208374);

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS