* concave-convex procedure (CCCP) [#md0994f7]

//ここには %項目の説明を書いてください.よろしければ署名しておいてください.

concave-convex procedure の略.

最適化したい関数\(f(x)\)を二つの凸関数の差\(f_1(x)-f_2(x)\)で表し,
\(df_1(x_{t+1})/dx=df_2(x_{t})/dx\) を解くことによって解を逐次的に更新する
アルゴリズムである.ビリーフプロパゲーションの対抗馬として,ループのあるグラフィカルモデルの推論アルゴリズムとして提案された. 通常2重ループを含むので計算量は多いが,収束性はビリーフプロパゲーションに勝る.

> --あかほ 

**関連項目 [#l668576d]

//英語や同義語のあとに,#brで区切って関連する項目をリストしてください.

-[[concave-convex procedure]]
#br
-[[平均場近似]]
-[[確率伝播]]
#br
-[[検索:CCCP]]

**リンク集 [#j1408060]

**関連文献 [#w0581d89]

//この%項目%に関連する書籍や論文を紹介してください.

-A. L. Yuille: CCCP algorithms to minimize the Bethe and Kikuchi free energies: convergent alternatives to belief propagation, Neural Computation,
14(7), 1691 - 1722, 2002.~
[[GoogleScholarAll:CCCP algorithms to minimize the Bethe and Kikuchi free energies]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS