* Diaconis-Grahamの不等式 (Diaconis-Graham inequality) [#z8cb7258]

//ここには %項目の説明を書いてください.よろしければ署名しておいてください.

長さが \(n\) の同じ対象で構成される順序の間で定義される
Footrule距離 \(d_{Foot}\),Kendall距離 \(d_{Ken}\),およびCayley距離  \(d_{Cay}\) の間に次の不等式が成立
\[d_{Ken}+d_{Cay}\le d_{Foot}\le 2 d_{Ken}\]

> -- しましま

**関連項目 [#q651694e]

//英語や同義語のあとに,#brで区切って関連する項目をリストしてください.
-[[Diaconis-Graham inequality]]
#br
-[[順序の距離]]
-[[Footrule距離]]
-[[Kendall距離]]
-[[Cayley距離]]
-[[不等式]]
#br
-[[検索:Diaconis-Grahamの不等式]]

**リンク集 [#i6564b81]

//関連するWWW資源があればリンクしてください.

**関連文献 [#re47c339]

//この%項目%に関連する書籍や論文を紹介してください.

-基本文献~
P.Diaconis and R.Graham. "Spearman's footrule as a measure of disarray" Journal of the Royal Statistical Society (B), vol.39, pp.262-268 (1977)~
[[GoogleScholarAll:Spearman's footrule as a measure of disarray]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS