secure multiparty computation

二つのエージェントの秘密入力を引数とする計算を,第三者の助けなしに,安全かつ,正確に実行するアイデアが基本文献1で提案された. この方法は様々な拡張が行われ,最終的に任意の多項式時間の計算を,3エージェント以上の場合にも拡張したのが secure multiparty computation (基本文献2).

-- しましま

関連項目

リンク集

関連文献

  • 佐久間 淳「プライバシ保護データマイニング」人工知能学会誌, vol.24, no.2 (2009)
  • 基本文献1:A.C.-C.Yao "Protocols for Secure Computations" proc. of IEEE Sympo. on Foundations of Computer Science (FOCS), (1982)
  • 基本文献2:O.Goldreichら "How to Play Any Mental Game or a Completeness Theorem for Protocols with Honest Majority" proc. of the 19th ACM Sympo. on the Theory of Computing (STOC) (1987)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-11 (木) 16:12:03 (2490d)