マージン (margin)

正例と負例を識別するとき,正例と負例が超平面で線形分離可能とする. この超平面から最も近い正例や負例をサポートベクトルと呼び,超平面とサポートベクトルの間の距離をマージンという. SVMはこのマージンの幅を最大化にするように,この超平面を定める.

識別超平面の両側の最近の正例や負例までの領域をマージンということもある. 実データにSVMを適用する場合は,マージンをある程度超えて存在する事例を許すソフトマージンが一般に利用される.

-- しましま

関連項目

リンク集

関連文献


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-11 (木) 16:12:31 (2491d)